くらし情報『伝統風水師は知っている18年新年に「やっていいこと、悪いこと」』

2018年1月17日 06:00

伝統風水師は知っている18年新年に「やっていいこと、悪いこと」

image


「日本では知られていませんが、台湾をはじめとした中華圏では、1年365日の吉凶を読み解く『通書便覧』という暦が、いまも吉日選びに使用されています」

そう語るのは、台湾や中国の世界的に著名な風水師からも信頼されている、日本における伝統風水研究の第一人者の山道帰一さん。この『通書便覧』とは、どういうものなのだろうか。

「一般的には『通書』と呼ばれています。人々の暮らしにかかわる行動や“げん”をかつぐ事柄の吉凶についてが、一日ごとに詳しく書かれた、生活便利情報と百科知識を記した冊子です。台湾だけでも毎年50種類以上が出版され、83%の家庭が『通書』を使っているのです」(山道さん・以下同)

日本では、大安・仏滅が載っている『高島暦』などの暦を使い、祝い事の日取りなどを決める人は多い。だが、『通書』はより詳しく、歴史のあるものだと山道さんは言う。

「『通書』は明代(14世紀)のころに発達し、すでに民衆の間に広まっていました。そして清朝時代(17世紀)に、いまの形にまとまったのです」

風水には、「天・地・人」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.