くらし情報『第53回「小泉今日子の不倫関係発表で考える“夫婦問題のとらえ方”」』

第53回「小泉今日子の不倫関係発表で考える“夫婦問題のとらえ方”」

2018年2月13日 06:00
 

関連リンク

・日本代表GK川島永嗣がW杯開幕直前に語っていた「今、強い覚悟の裏に秘める思い」
・大迫勇也の武器は「半端ない」神経の図太さ!でもコスプレとトマトが苦手
・注目の若手女芸人「ターリーターキー」の“コンビ愛”を確かめに行った結果
image


私たちは不倫という他人の問題にどう反応すべきか、今まさに問われている。

女優の小泉今日子さん(52)が先日、36年所属した事務所から独立。あわせて俳優の豊原功補さん(52)と公私にわたってパートナー関係にあることを公表しました。しかし豊原さんには別居中の妻子がおり、キョンキョンは不倫関係をみずから“けじめ”の意味で、発表したことになります。

今回の公表には「キョンキョンらしい!カッコイイ」との声が多いものの、「公表することで豊原さんの妻子を間接的に追いやっている」とも言われています。前代未聞の発表にみんながみんな、どう解釈していいか混乱しているようです。

不倫ニュースは音楽プロデューサーの小室哲哉さん(59)の一件から、どうあるべきか転換期にきています。芸能人といえども、色恋沙汰で社会的な制裁を受けすぎるのはどうなのか。その是非が問われているのです。小泉さんは文書で「全てをこの身で受け止める覚悟」と決意を固めていましたが、公表のタイミングは絶妙だったといえます。

隠すくらいなら公表して損害や社会的責任を負うというのは、たしかに弁明するよりも潔いとは思います。ただ、カッコイイと言ってよいのでしょうか。なぜなら2人はそれぞれの関係性について明言したものの、“今後の希望”は明言を避けているから。希望とは具体的にいえば今の関係を続けるか、離婚して一緒になるつもりなのかというスタンスです。

もちろん相手の主張と都合もあるので、希望どおり進む話ではないでしょう。しかし今現在どうなっているのかがうやむやのまま「付き合っています、責任は負います」とだけ発言するのは、発言力と決断力のある人が得をしてしまう気がしてならないのです。

もしこの「離婚もしないけど別れもしない」という“公認二股カップル”が認められたら、私たちはもう少し楽になれるのでしょうか。不倫問題を考えるうえで思うのですが、日本人はもしかしたら結婚に多くを求めすぎなのかもしれません。

恋愛関係、子育てのパートナー、心の支え、そして介護の相手。昔は“家を守る”という使命のもと、すべてを夫婦で支え合ってきました。ただ最近だとそうしたものをどんどんプロへ委託し、負担を分散させるという流れができています。だったら支え合うパートナーも、本当はそのときどきで別であったほうが健全なのかもしれません。

豊原さんが今後も今の関係を続けるなら、「都合がよいなあ」と思います。しかし公私にわたるパートナーの小泉さんも母であり妻である奥様も、どちらも完全には失いたくない。そんな発想は許したくないけれど、時代の考え方としては至極当然なリアクションなのかもしれません。

今回の報道を受けて、まずは豊原さん夫婦がどう決断していくのか。そして、社会が小泉さんの決断を受け入れていくのか。この不倫問題には今の社会が抱えるさまざまな複雑さが、隠されているのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.