くらし情報『宇多田ヒカル 安定捨てたことでさらに高まる天才的な創作力』

宇多田ヒカル 安定捨てたことでさらに高まる天才的な創作力

2018年4月9日 16:00
 

image


宇多田ヒカル(35)が14年に結婚した8歳年下のイタリア人男性と離婚したと、一部スポーツ紙が報じた。

記事によると数カ月前に離婚していたそうで、男性の出身地であるイタリア南部のプーリア州ファサーノ市周辺でも離婚の情報は徐々に広まっているという。

また別のスポーツ紙では、すでに若手ミュージシャンの新恋人がいるとの情報も報じているのだ。

「11年から15年まで『人間活動』と宣言して音楽活動を休止。その間に母で歌手の藤圭子さんの死を乗り越え、別れた夫と結婚し第1子の長男を出産。その後は安定した生活を送っていました。しかしこれからの方向性について夫と話し合ったところ、違和感が生じたのではないでしょうか。海外での生活に疲れ始めていたとの情報もあります」(芸能記者)

宇多田は02年に写真家で映画監督紀里谷和明氏(49)と結婚したが、07年に離婚。今回の離婚でバツ2のシングルマザーとなったが、創作意欲は年々高まり続けているようだ。

「16年にはNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌のオファーを受け、おおみそかの紅白歌合戦に初出場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.