くらし情報『特捜9現場の温かさに感動集まる「すごく良いチームだなぁ」』

特捜9現場の温かさに感動集まる「すごく良いチームだなぁ」

2018年5月17日 23:00
 

関連リンク

・「平成怪物対決」松坂大輔VS清宮孝太郎が実現か
・「副業芸人」という生き方 お笑い芸人“交差点” 兼業するのは悪なのか?
・ローリン・ヒルが欧州ツアーを発表
image


井ノ原快彦(42)が主演を務めるドラマ「特捜9」(テレビ朝日系)の撮影現場で5月17日、井ノ原と出演者である寺尾聰(70)の合同誕生日セレモニーが行われた。

故・渡瀬恒彦さん(享年72)主演のドラマ「警視庁捜査一課9係」(同局)シリーズをリニューアルした作品である「特捜9」。人気シリーズに今作から新たに加わった寺尾は、共演陣にこう感謝の気持ちを述べた。

「12年続いたドラマに新入生として入れていただいて、みなさんやりにくかったんじゃないかと思う。だけど暖かく手を差し伸べてくれて、毎日とても楽しくて刺激をもらっている」

同じく今作から加わった山田裕貴(27)は、寺尾の言葉に「感謝の気持ちでいっぱい。思い出すといろんなことが蘇って……」と自身を重ねて涙。続けて、加入当時の心境を吐露した。

「新しく入ることにすごくプレッシャーを感じていたんですが、みなさんが背中に手を添えてくださっていた気がして、本当に幸せだなって……」

涙のあふれる山田のもとへ、井ノ原は思わず駆け寄り笑顔。まだまだ想いが止まらない様子の山田は「俳優としてがんばらなきゃいけないんだ」と熱弁を奮いつつ、「打ち上げで言おうと思ってたのに……」と先走ってしまったことを反省。すると共演陣から「先走ってる!」と劇中同様のツッコミが入り、現場は温かな空気に包まれたという。

ネットでは、同ドラマ現場の温かさに感動の声が上がっている。

《すごく良いチームだなぁ 特捜9も息の長い作品になること間違いなし!だね》

《「特捜9」出演者の皆さんが、裕貴君が素晴らしくて言葉がありません……感涙》

《とにかく、良い現場、ということだけが伝わってきます》

同ドラマは前シリーズの人気ぶりを引き継いでおり、16日の放送回では13.2%の視聴率を記録している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.