くらし情報『こんなときだから生まれた、完全リモート映画。行定勲監督インタビュー』

2020年5月4日 00:00

こんなときだから生まれた、完全リモート映画。行定勲監督インタビュー

という提案があって、この企画が生まれました。
こういう事変のときには音楽が速攻性があると言われていて、映像は後手に回ること多い。
でも、我々映画人にもやれることがあるのではと考えたんです。

――本作のアイデア(オチ)は、行定監督が思いつかれたのでしょうか?

はい、そこはそうです。
TwitterなどでZoomを使ったリモート飲み会をしている写真を目にしていて、コロナ禍の即時的な設定として採用しました。
基本的には大まかな脚本を私が書いて、その構成立てとキャラクターのディテールを脚本家に書いてもらいました。

――柄本佑さん、高良健吾さん、永山絢斗さん、浅香航大さん、アフロさん(MOROHA)、有村架純さんのキャスティングはどのように決まったのでしょう?

俳優たちも家に閉じこもっているんじゃないかと思って、高良健吾に今の気分を聞いてみたところ、「何か出来ないかと思っていました」という彼の言葉をもらえたんです。
それで、信頼できる俳優たちに声をかけさせてもらいました。

――出演のオファーをしたときのそれぞれの反応は?

みんな二つ返事でした。
MOROHAのアフロ君は役者の仕事をするのは初めてなのでかなりホン(台本)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.