くらし情報『『蜜蜂と遠雷』松岡茉優・松坂桃李インタビュー 「アトラクションのようなアグレッシブな映画」』

2019年10月3日 18:00

『蜜蜂と遠雷』松岡茉優・松坂桃李インタビュー 「アトラクションのようなアグレッシブな映画」

『蜜蜂と遠雷』松岡茉優と松坂桃李


10月4日(金)に全国公開される『蜜蜂と遠雷』は、まったく異なる境遇にある4人の天才ピアニストたちが、国際ピアノコンクールでの熾烈な戦いを通して、お互いに刺激し合い葛藤し、そして成長を遂げ‘覚醒”する物語だ。「天才少女」と言われながらも母の死をきっかけにピアノを弾けなくなった栄伝亜夜役に松岡茉優。音大出身だか妻子持ちで楽器店勤務をしながらも夢を諦めきれない高島明石役を松坂桃李が演じる。今回初共演というふたりは、お互いのことをどう思ったのだろうか?

「松岡さんは『空間把握認識能力』がめちゃくちゃ高いです。監督の言葉を飲み込んで理解した上で、そこのシーンで使われている場所を最大限利用するというか。例えば、亜夜がピアノを弾きたいと言ってピアノを探し回って、いくつか部屋を覗くシーンがあるんですが、撮影の時、実は部屋には何も無かったりするんですけど、松岡さんはあたかもちゃんと人が居るかのような演技をすぐにできるんです。頭の回転の速さが、見ていて純粋にすごいなって思いましたね」(松坂)

「私もまさに同じシーンで、亜夜がピアノを探している時に明石がピアノのあるところ知っていますよって言うんですが、それに『ギャップ』を感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.