くらし情報『THE YELLOW MONKEY、幾多の思い出とともに新たな歴史を刻んだ横浜アリーナ公演レポート』

THE YELLOW MONKEY、幾多の思い出とともに新たな歴史を刻んだ横浜アリーナ公演レポート

吉井和哉(Photo by 横山マサト)


THE YELLOW MONKEYが30周年ライブの2本目となる『30th Anniversary LIVE -YOKOHAMA SPECIAL-』を横浜アリーナで開催した。

先日の東京ドームに続き、会場では新型コロナウィルスの感染対策はしっかりと取られていた。入場時にはお客さんの間隔を空け、規制入退場、接触確認アプリ「COCOA」のチェック、検温、消毒を徹底。座席は1席ずつ空け、政府のガイドラインに準じた会場の半分のキャパシティである6,000人のお客さんが集まった。


THE YELLOW MONKEY、幾多の思い出とともに新たな歴史を刻んだ横浜アリーナ公演レポート


菊地英昭(Photo by 横山マサト)

THE YELLOW MONKEYにとって横浜アリーナは、1997年に開催した初のアリーナツアー『FIX THE SICKS』の幕開けの地であり、全国113本をまわった伝説のロングツアー『PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99』のファイナル4Daysを飾るなど、バンドのライブ史を語るうえで欠かせない会場だ。MCで吉井和哉(Vo/Gt)が「今日は“懐かしの横浜アリーナ”みたいなナンバーを用意してまいりました」と語ったこの日は、幾多の思い出を積み重ねてきたバンドの聖地に新たな歴史を刻む一夜になった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.