くらし情報『4人の気鋭演出家が三島由紀夫の世界観に挑む『MISHIMA2020』明日より』

2020年9月20日 12:00

4人の気鋭演出家が三島由紀夫の世界観に挑む『MISHIMA2020』明日より

『MISHIMA2020』メインビジュアル


三島由紀夫が残した4作品を、4人の演出家が舞台化する企画公演『MISHIMA2020』が9月21日(月・祝)に開幕する。

戦後の日本文学界に鮮烈な爪痕を残した作家、三島由紀夫。壮絶な最期に多くの人が言葉を失った日から、ちょうど50年の月日が流れる。半世紀を経てもなお、多くの読者を魅了してやまない彼の作品を、大いにフィーチャーした企画公演が行われる。

タイトルは『MISHIMA2020』。ここに集結したのは、三島作品に影響や刺激を受けながら創作を重ねる新進気鋭の演出家4名だ。全員が、三島の死後に生まれた世代。現代の感受性で三島作品を読み解き、舞台の上でそれを視覚化させる。日程を前後半に分けて、2作品ずつ上演する今回の試み。前半日程では野上絹代が手掛ける『橋づくし』と、長久允が手掛ける『憂国』を上演。後半日程は加藤拓也が手掛ける『真夏の死』と、熊林弘高が手掛ける『班女』を上演する。

4人の気鋭演出家が三島由紀夫の世界観に挑む『MISHIMA2020』明日より

野上絹代作・演出『橋づくし』出演左から伊原六花井桁弘恵野口かおる高橋努
4人の気鋭演出家が三島由紀夫の世界観に挑む『MISHIMA2020』明日より

長久允作・演出『憂国』(『(死なない)憂国』) 出演左から東出昌大菅原小春
出演陣も実に個性豊かだ。『橋づくし』では、『ウエスト・サイド・ストーリー』でヒロイン・マリア役に抜擢された伊原六花が悲願の舞台に上がる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.