くらし情報『【スパークリングワイン】失敗しない開け方のコツと正しい注ぎ方』

2019年3月14日 10:18

【スパークリングワイン】失敗しない開け方のコツと正しい注ぎ方


お祝いやイベントなどに登場する「スパークリングワイン」。いざ飲もうと思ったときに知っていないと困るのが、上手な開け方や注ぎ方ではないでしょうか。スパークリングワインの失敗しない開け方のコツと、上手な注ぎ方のポイントを動画で詳しくご紹介します。

スパークリングワインの開封方法

開封前の準備も大切!
【スパークリングワイン】失敗しない開け方のコツと正しい注ぎ方

スパークリングワインは開封前の下準備も重要です。ビンの肩と呼ばれる、くびれた位置辺りまで氷の入った容器に入れてしっかり冷やしておきましょう。冷やすことで、開封時の泡の吹きこぼれを抑えます。

キャップシールをカット
【スパークリングワイン】失敗しない開け方のコツと正しい注ぎ方

スパークリングワインのコルク部分に包装されているキャップシールを、専用のナイフなどで切り込みを入れて取ります。

コルク固定用のワイヤー(ミュズレ)の押さえ方
【スパークリングワイン】失敗しない開け方のコツと正しい注ぎ方

コルクを四方から固定しているワイヤー(ミュズレ)を外します。コルクがガスにより飛ぶ恐れもあるので、親指でトップを押さえ、片手でしっかりビンを持ち固定しておくことがポイントです。

斜めに傾けることで泡の発生をカット
【スパークリングワイン】失敗しない開け方のコツと正しい注ぎ方

ワイヤーが外れたら、そのままコルクを押さえて斜めにビンを傾けます。斜めにビンを傾けることで、空気に触れる面積を多くとり泡の発生を抑えてくれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.