くらし情報『外壁塗装の新塗料『ラジカル塗料』はどんな塗料?その特徴と注意点とは?』

2017年10月29日 14:03

外壁塗装の新塗料『ラジカル塗料』はどんな塗料?その特徴と注意点とは?

ラジカル塗料は、油性溶剤や硬化剤による塗装面強化による従来型の耐候性ではなく、塗装面の劣化の要因に着目した「ラジカル制御技術」を用いて耐候性を高めた新塗料です。まだ知名度は低いですが期待も大きいラジカル塗料について、特徴や使用例、注意点をご紹介します。

目次

・ラジカル塗料の特徴とは?
・ラジカル塗料に向いている外壁や屋根
・外壁塗装でラジカル塗料を使う際に注意したいこと
・まとめ


外壁塗装の新塗料『ラジカル塗料』はどんな塗料?その特徴と注意点とは?


ラジカル塗料の特徴とは?

ラジカル塗料は、日本ペイントが2012年に初めて商品化し、2015年頃から他のメーカー製品も出てきた新しい住宅用外壁塗料です。

【ラジカルってどんな塗料?】

これまでの外壁塗装で代表的な「アクリル/ウレタン/シリコン/フッ素」は、使われる樹脂の性能が塗料の特質を表しています。一方、ラジカル塗料の「ラジカル(radical)」とは、樹脂ではなく劣化を引き起こす要因のことです。塗料に含まれる酸化チタンが紫外線を吸収することで発生するラジカルは、塗料表面の樹脂を破壊してチョーキング(白亜化現象)と呼ばれる劣化を引き起こします。そこで、やっかいなラジカルを封じ込める「抗酸化チタン」や、働きを抑える「光安定剤」などのラジカル制御技術によって、外壁塗装の高い耐候性を実現した点が、ラジカル塗料の大きな特徴です。

【高品質なのにコストが抑えられる点が魅力】

ラジカル塗装の耐久年数は約8~15年と長く、最高レベルのフッ素塗装の約15~20年に次ぐ位置しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.