くらし情報『作り置きおかずも危ない!食中毒を防ぐためのお弁当の作り方、詰め方とは?』

2018年6月29日 16:03

作り置きおかずも危ない!食中毒を防ぐためのお弁当の作り方、詰め方とは?

高温多湿になるこの時期は、お弁当の傷みや食中毒が気になります。そこで今回は、お弁当の傷みや食中毒から食材を守る方法を、専門家に教えていただきました。作り置きおかずにも使えるテクニックです。

覚えておきたい食材を守る3大対策

目次

・覚えておきたい食材を守る3大対策
・3大対策をおこなう方法
・お弁当づくりのコツ
・作り置きおかずはこうやって原因菌から守る!
・調味料も上手に使えば食中毒対策に
作り置きおかずも危ない!食中毒を防ぐためのお弁当の作り方、詰め方とは?


教えてくださったのは、管理栄養士の小田真規子先生。先生によると、食材を傷みや食中毒から守るための対策は、購入した食品を冷蔵庫へしまうところから始まるそうです。

「食材を傷ませないためには、傷みや食中毒の原因菌を『つけない』『増やさない』『やっつける』、の3大対策が必要です。これらは食品を保存するときから始まります」(小田先生)

3大対策をおこなう方法

●保存方法

作り置きおかずも危ない!食中毒を防ぐためのお弁当の作り方、詰め方とは?


「3大対策には、食品を手早く冷蔵冷凍し、冷凍の場合は解凍の時間を短くすることがポイントになります。お肉は重ねず平らにして袋に入れましょう。表面積が大きくなるので、冷凍・解凍を早く行うことができます。作業するときは清潔な手で。食品用の手袋を利用しても良いです。また、クッキングペーパーにお肉を包んでからジッパー付き保存バッグに入れるといったひと手間を加えると、解凍と同時にドリップ(解凍時に食材から出る液体)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.