くらし情報『【命のてがみ 最終回】母になるということ』

2018年11月12日 21:03

【命のてがみ 最終回】母になるということ

フォトグラファーのHALKUZUYAさんのフォトエッセイ「命のてがみ」、最終回です。命を授かり、戸惑い手探りで出産と子育てを乗り越えてきたHALさん。連載期間中にお子さんもいつの間にか大きくなり、ぐいぐいと歩き、成長しています。「自分はちゃんと母親になれたのだろうか?」ーーそんな素直な気持ちを込めて、最後の“てがみ”は綴られています。

【命のてがみ 最終回】母になるということ


「自分の人生のスタートは、じぶんで決めてね、わたしは、いつでも待っているから」

そう語りかけた日の夜、思い切りお腹を蹴り、弾けるように決意表明をした「君」。

またあの時の感覚を思い出す。命の確かな意思を思い出す。

天命なのか、意思なのか。

確かな何かを持ち、その命を宿し、自ら決めた運命の世界へと

自分の意思でやってくるのだと、その時確かに感じた。

そして、わたしは預かりものをしたのだと思う。

それは、大きな喜びと愛に満ちた大切な預かりもの。

時々、その時のことを思い返したいと思う。

大切なものというのは、いつまでもこうして胸の中にしまっておけない。

大きな成長があった今日。

初めての寝返りを見届けました。

これからどんどんと、一人で立って、歩いて生きていくんだね

君のためで、何ができるか必死で考えるけど、

正しい答えなんてないわけで
とりあえず、今日を精一杯愛するのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.