くらし情報『いつまでも豊かな暮らしを。老後を考えた動線づくり【我が家の暮らし #8】』

2018年12月4日 21:03

いつまでも豊かな暮らしを。老後を考えた動線づくり【我が家の暮らし #8】

歳をとっても好きなものに囲まれながら、豊かに暮らしたい。家は人生で長い時間を過ごす場所だから、今だけじゃなく将来の暮らしを見据えてつくりたいものです。そこで今回伺ったのは、神奈川県川崎市にある中古マンションをリノベーションしたHさんのお宅。デザイン性を大切にしながら、歳を重ねても快適に暮らすために心がけたことを伺いました。

スケルトンを白く塗った、好きなインテリアが似合う空間

目次

・スケルトンを白く塗った、好きなインテリアが似合う空間
・料理が好きだから、キッチン収納にもこだわりを
・洗面台は脱衣所から独立させて、おしゃれに広々と使う。
・立ち上がる時の手すりは、ディスプレイ棚としても活用
・玄関スペースを広々とって寝室と地続きに
・周りの環境も考慮に入れて、将来も快適に
いつまでも豊かな暮らしを。老後を考えた動線づくり【我が家の暮らし #8】

H邸リビングHさんお気に入りの家具店〔TRUCK〕の家具が似合うようオーダー。

80代のお父さまと2人で暮らしながら、こだわりの暮らしを実現したHさん。

中古マンションのリノベーションを選択した理由は、おしゃれな暮らしをしたかったというよりも、もっと現実的な問題があったからだと言います。

「シングルでの生き方を選択して将来設計をしたときに、歳をとってからの賃貸物件の借りづらさや、いつまでもワンルームの狭い部屋で暮らしていたくないという思い、毎月支払う家賃のことを考えると、マンション購入をした方がいいと思ったんです」(Hさん)

そして、せっかくお金を出すんだから内装も気に入ったものにしたいと、中古マンションのリノベーションを選択したといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.