くらし情報『【専門家監修】【戸建】フルリフォームと建て替え、どっちがお得?』

2019年4月2日 20:33

【専門家監修】【戸建】フルリフォームと建て替え、どっちがお得?

古くなった持ち家や中古の家を購入した場合に、フルリフォームと建て替えをするならどちらのほうがいいのでしょうか?住宅事情の実際の現場に接している視点もふまえ費用面やそれぞれでできることを比較し、ご紹介します!

フルリフォームの定義

フルリフォームとは枠組みだけを残してすべてを一新するリフォーム工事のことです。簡単にまとめますと、古い住宅をリフォームし、外観からも内観からもその古さが残っている部分をまったく感じさせない工事と考えていただければ大丈夫です。

・フルリフォームの定義
・フルリフォームの費用相場は?建て替えと比較
・フルリフォームと建て替えでできること
・フルリフォームに向いている戸建
・建て替えに向いている戸建て
・建て替えよりもおすすめはフルリフォーム!
・このアイデアの監修者

フルリフォームの費用相場は?建て替えと比較

大まかにお話しすると、建て替え工事をするのと比較して30%程度安くなるという目安になります。

例えば建て替えをすると3000万円かかるとすれば、おおよそ2000万円程度を見ればフルリフォームができるという計算になります。

ただ難しいのは、フルリフォームの中身です。築50年の家と築30年の家ではその費用にはばらつきが出て当然だからです。

例えば断熱材。築30年程度ですとロックウールと呼ばれる断熱素材が一般的で、この断熱材であれば総交換までは必要がないかもしれません。ところが、築50年となるとグラスウールが主体と考えられるので、建物によってはグラスウールが壁体内で下にズリ落ちて断熱効果が大きく失われているかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.