くらし情報『メッシュパネルは100円ショップのものとどう違うの??』

2020年12月23日 11:25

メッシュパネルは100円ショップのものとどう違うの??

最近の100円ショップってほんと何でも売ってますよね。

なにか欲しいものがあれば、まず100円ショップで探してみるという方も多いのではないでしょうか。

今回は和気産業の人気商品「メッシュパネル」、100円ショップで売っているものとどう違うのかを徹底解説したいと思います。

目次

・ワイヤーに大きな差
・使い分けがポイント


メッシュパネルは100円ショップのものとどう違うの??


ワイヤーに大きな差

100円ショップでは「メッシュパネル」だったり、「ワイヤーネット」とか「ワイヤーラティス」などの商品名で販売されています。

いろいろなお店を調べてみましたが、それぞれのお店で若干の仕様の違いがあるものの、ワイヤー部分はよく似たものでした。

和気産業のものとサイズを比較してみると、

メッシュパネルは100円ショップのものとどう違うの??


【外枠:約φ3.6ネット部:約φ2.2】

と、ワイヤーはかなり細いです。

そんなに強い力でなくても、簡単に(反らす程度)曲げることが出来ますし、金槌などを使えば90度に折り曲げるなどの加工も簡単でしょう。

しかし、逆に言うと反ったり曲がったりしやすく、軽いものならOKでも少し重量のあるものの収納に使うなら曲がってしまうかもしれません。

そして、和気産業のメッシュパネルは、

メッシュパネルは100円ショップのものとどう違うの??


【外枠:約φ6.0ネット部:約φ3.0】

と、100円ショップのメッシュパネルと比べてかなり太い設計になっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.