くらし情報『水引の結び方や種類は?マナーをきちんと理解して各シーンで使い分けよう!』

2017年4月21日 14:40

水引の結び方や種類は?マナーをきちんと理解して各シーンで使い分けよう!

といった意味が込められています。そのため、結び切りは主に弔事で使用されるケースが多いですが、慶事であっても結婚のように「2度目があることが望ましくない」イベントや儀式では結び切りを使用します。
水引の結び方や種類は?マナーをきちんと理解して各シーンで使い分けよう!


【その2】蝶結び結び切りのように固く結ぶのではなく、何度でも結び直せる方法です。「花結び」と呼ばれることもあり、いわゆる蝶々結びと同じ見た目をしています。蝶結びは結び直せる方法であることから、「何度起こっても嬉しい(楽しい)」といった意味が込められています。蝶結びを使用する代表的なイベントとしては、出産が挙げられるでしょう。各水引の一般的な解釈は上記となりますが、各シーンに適した水引は地域によって異なることがあります。例えば関西より西の地域では、蝶結びの代わりに鮑結びを使用するケースが多く見られます。そのため、自分が詳しくない地域のイベントや儀式に参加する場合には、その地域の水引に関する情報を調べておくことが望ましいでしょう。各水引の一般的な解釈は上記となりますが、各シーンに適した水引は地域によって異なることがあります。例えば関西より西の地域では、蝶結びの代わりに鮑結びを使用するケースが多く見られます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.