くらし情報『水引の結び方や種類は?マナーをきちんと理解して各シーンで使い分けよう!』

2017年4月21日 14:40

水引の結び方や種類は?マナーをきちんと理解して各シーンで使い分けよう!

そのため、自分が詳しくない地域のイベントや儀式に参加する場合には、その地域の水引に関する情報を調べておくことが望ましいでしょう。【その3】鮑結び結び切りと同様に解けにくい方法で結ばれたものです。結び切りと同じような意味合いですが、結び切りに比べるとより複雑な結び方がされていることから、「末永く続いてほしい」といった意味が込められています。特に親しい関係の方へ贈り物をする際には、この鮑結びを使用することも検討してみましょう。なお、鮑結びは「淡路結び」と呼ばれることもあります。

水引の基本的な結び方を覚えよう!

水引をきちんと使い分けるには、各種類の結び方も理解しておく必要があるでしょう。そこで次からは、水引の基本となる結び切りと蝶結びの2種類の結び方について詳しく解説していきます。【結び切りの結び方】【STEP1】封筒などに水引を合わせるまずは封筒をテーブルの上などに置き、封筒の表側に結び目の中心部がくるように水引を合わせましょう。水引は封筒の下から通しますが、この際には薄い色(一般的には白)を左側に持ってきます。【STEP2】水引を交差させる左右の水引を一度交差させて、濃い色(一般的には赤)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.