くらし情報『ジミー・ペイジ演奏なし問題…イベント主催者はチケット代を返金する義務があったの?』

2016年11月23日 15:10

ジミー・ペイジ演奏なし問題…イベント主催者はチケット代を返金する義務があったの?

11月11日に東京・両国国技館で行われた音楽イベント『クラシック・ロック・アワード2016』。このイベントはロンドンでスタートしたロックミュージシャンの授賞式で、世界のビッグアーティストが集い、パフォーマンスを繰り広げることが魅力です。

このビッグイベントが、東京ではじめて開催されることとなり、目玉は世界三大ギタリストと呼ばれるまでになった幼馴染の二人、ジミー・ペイジとジェフ・ベックの「夢の饗演」でした。ところが、ジミー・ペイジはジェフ・ベックを紹介してトロフィーを渡しただけで、演奏をしませんでした。

これに対して主催者サイドは謝罪はしたものの、チケット代の返金はしないと発表。ネットを中心に大きな波紋を広げていました。そして11月20日、最終的に主催者はイベントに満足しなかったお客に対して、チケット代の全額を返金する旨を公式サイトで発表しました。

このような目当てのアーティストが演奏しなかったケースでは、主催者にはどのような責任があるのでしょうか?

目次

・請求できるのは入場料の一部だけ
・法律的には全額返金の義務があったかどうかは微妙


ジミー・ペイジ演奏なし問題…イベント主催者はチケット代を返金する義務があったの?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

■請求できるのは入場料の一部だけ

「今回のイベントは、事前に、『ジェフ・ベックとジミー・ペイジは、日本初共演を果たすことになり…』『ロックレジェンドたちによる夢の饗宴』云々のPRがなされていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.