くらし情報『財務事務次官のセクハラ騒動について、弁護士に聞いてみた!』

2018年4月20日 21:00

財務事務次官のセクハラ騒動について、弁護士に聞いてみた!

財務事務次官のセクハラ騒動について、弁護士に聞いてみた!


福田財務事務次官が、女性記者にセクハラ発言した問題が話題となっていますね。

「おしり触っていい?」「抱きしめていい?」など、女性にとっては聞くに耐えない言葉が飛び交う音声データが公開されました。

福田次官は、自身の声か判断できないとしていますが、これが福田次官のものだった場合、当然セクハラ問題として取り上げられるべきものでしょう。

しかし、音声データは、福田次官らしき男性の音声のみで、女性記者の音声は公開されていません。

結局、辞任を決めた福田次官。不確定な音声データを公開されたとして、公開した雑誌社に対し、名誉毀損として提訴する意向を表明しました。

連日報道されるこの問題、さまざまな憶測を読んでいます。一体誰が言っていることが本当なのか…。間接的にしか把握できない私たちにとって、なんともモヤっとする問題ですよね。

では、法的に見ていくとどのような見解になるのでしょうか?

筆者の疑問を、虎ノ門法律経済事務所齋藤健博弁護士に直撃してみました。

Q.セクハラで訴える、となると、証拠が必須になりますよね。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.