くらし情報『解任で慰謝料請求検討のハリルホジッチ前監督…主張は認められる?』

2018年4月24日 21:00

解任で慰謝料請求検討のハリルホジッチ前監督…主張は認められる?

目次

・違約金や慰謝料の請求はできる?
・違約金でない金銭的請求は?
・名誉棄損に該当する?
・落ち着きどころは?
解任で慰謝料請求検討のハリルホジッチ前監督…主張は認められる?

Businessman in suit at soccer field kicking ball. Mixed media

サッカー日本代表をロシアワールドカップ出場に導いたバヒド・ハリルホジッチ監督が、4月に突如日本サッカー協会から解任通告を受けました。

成績不振などが主な理由と言われていますが、ハリルホジッチ氏は納得していないようです。そして一部報道では、違約金と慰謝料の請求、また名誉毀損での訴訟なども検討していると言われています。

ハリルホジッチ氏の主張は認められるのでしょうか?エジソン法律事務所の大達一賢弁護士に解説していただきました。

■違約金や慰謝料の請求はできる?

「サッカーW杯も間近に迫る中での今回の電撃解任に、驚かれた方は少なくないと思います。解任に伴う違約金等の支払の可否は、日本サッカー協会と代表監督との間の契約内容がどうなっているのか次第で大きく変わります。

まず、解任そのものの有効性ですが、契約上、中途解任ができないような内容になっていれば、解任の有効性自体否定される可能性はあります。しかし、今回の解任劇を見る限り、そのような条項にはなっていないのではないかと考えます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.