くらし情報『生命保険料控除で税金の負担を軽くする!生命保険料控除の実際と手続方法をご紹介』

2018年12月22日 14:00

生命保険料控除で税金の負担を軽くする!生命保険料控除の実際と手続方法をご紹介

目次

・生命保険料控除ってどういうもの?
・生命保険料控除手続き
・生命保険料控除でどれくらい負担が軽減されるの?
・まとめ
生命保険料控除で税金の負担を軽くする!生命保険料控除の実際と手続方法をご紹介


サラリーマンは年末調整書類の「給与所得者の保険料控除申請書」を毎年記入し、保険会社から送られてくる「生命保険料控除証明書」を添付して提出している方が多くいらっしゃいますが、その書類を提出するとどういう効果があっていくら得するのか正確にご存じの方は少ないのではないかと思います。

これから、「生命保険料控除」がどういう制度で、どのような効果があるのかをご紹介します。長期間積み重ねると数十万単位で税金の負担が軽減される生命保険料控除のことをよく知り、税制上の優遇制度をしっかり利用しましょう。

生命保険料控除ってどういうもの?

生命保険料控除とは、払い込んだ保険料に対して一定の金額が生命保険契約者の所得から差し引かれる制度です。所得が低くなることで、所得税、住民税の負担が軽減されます。

生命保険料控除は国税庁が定める所得控除の一つです。他には、医療費控除、社会保険料控除、配偶者控除など全部で20項目があります。

新制度と旧制度
生命保険料控除には新制度と旧制度があり、対象となる保険契約が違っています。

生命保険料控除の新制度は「平成24年1月1日以後に契約した生命保険等」が対象になり、旧制度は平成23年12月31日以前の契約が対象です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.