くらし情報『iDeCo(イデコ)加入途中で死亡したらお金はどうなるの?死亡一時金や相続についてもご紹介』

2019年1月15日 20:00

iDeCo(イデコ)加入途中で死亡したらお金はどうなるの?死亡一時金や相続についてもご紹介

目次

・iDeCo(イデコ)加入者本人が死亡した時どうなるの?
・iDeCo(イデコ)死亡一時金はいくら?相続はどうなる?
・iDeCo(イデコ)加入者死亡後、相続はどうなるの?誰が受け取れる?
・iDeCo(イデコ)加入者が死亡した場合まとめ
iDeCo(イデコ)加入途中で死亡したらお金はどうなるの?死亡一時金や相続についてもご紹介


iDeCo(イデコ)とは、長寿化・少子高齢化に伴い、不足する可能性のある「老後の資産」形成のための制度です。原則として20歳から60歳までの方が加入できます(一部要件あり)。

本記事では、iDeCo(イデコ)加入者が、加入途中で死亡した場合に一時金や相続はどのようになるのかなどにスポットを当てて記します。

※本記事内の数値や要件などは、記事執筆時点のものです。

iDeCo(イデコ)加入者本人が死亡した時どうなるの?

先ほど記しましたように、iDeCo(イデコ)は老後の資産形成のための制度で60歳まで原則としてお金を途中で引き出すことができません。

しかし、(あまり想像したくないことではありますが)人生では60歳途中までに加入者が死亡してしまうこともあるでしょう。このような場合は、どうなるのでしょうか。見てみましょう。

iDeCo(イデコ)加入者が途中で死亡した場合は?
iDeCo(イデコ)に加入している方が引き出し可能年齢(60歳)までに死亡した場合は、死亡一時金が遺族に支払われます。一時金とは、まとめて受け取るお金のことです。ポイントとしては、年金形式で受け取ることができない、というところです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.