くらし情報『マンション購入で火災保険は加入すべき?必要・不要も含め最適な選び方をご紹介』

2019年3月13日 18:55

マンション購入で火災保険は加入すべき?必要・不要も含め最適な選び方をご紹介

目次

・火災保険とは?
・マンション購入をした場合の加入は義務?入る・入らないの判断基準は?
・購入マンションの火災保険を選ぶ際のポイントは?(安く入るには?)
・分譲マンションの火災保険はどこにかける?(かけ方)
・マンション購入時の火災保険に関するまとめ
マンション購入で火災保険は加入すべき?必要・不要も含め最適な選び方をご紹介


マンションを購入する際に火災保険は加入すべきなのでしょうか。加入するとしたら、どのような火災保険が必要なのでしょうか。マンションならではの火災保険の選び方をわかりやすくご紹介していきたいと思います。

火災保険とは?

マンション購入時の火災保険に関するまとめ


火災保険とは、損害保険の一種類であり、対象の損害が発生したときに補償するという保険です。

火災という言葉が表すとおり、火災保険は火災で家が燃えてしまった時に保険金が支払われますが、補償される範囲は火災だけではありません。落雷、風災、破裂・爆発、水害よる損害なども補償の対象に含めることが出来るのです。

マンション購入をした場合の加入は義務?入る・入らないの判断基準は?

マンション購入をした場合の加入は義務?入る・入らないの判断基準は?


火災保険の基本を確認したところで、マンションを購入した場合の火災保険の必要性について確認しましょう。

そもそも火災保険は、自動車の自賠責保険などとは異なり、法律で入らなければならないものではありません。

また賃貸ではなく購入されたマンションですから、オーナーは自分自身であり、いわゆる大家さんや管理業者から火災保険の加入を義務づけられるようなことはありません。

このため、自分や家族が失火などに気をつけることで火災保険に加入しなくてもいいのではないかと考えてしまいがちですが、それで大丈夫とは言い切れないのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.