くらし情報『家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!』

2020年7月7日 20:00

家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!

目次

・火災保険と家財保険の違い
・建物と家財の具体的な補償対象は?
・家財保険の必要性とおすすめする理由
・家財保険を検討する際に知っておきたい注意ポイント
・家財保険と火災保険の違いのまとめ
家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!


https://manetasu.jp

家財保険と火災保険は同じものでもあり、別のものでもあります。「火災や風水害での損害を補填する」という点においては同じです。しかし、完全に一致するものではありません。

今回は火災保険の一部である家財保険の基礎知識と、加入時に注意すべきポイントについて解説します。

火災保険と家財保険の違い

火災保険と家財保険の違い

家財保険は火災保険の一種
火災保険の中で、家財のみを補償対象とするものを「家財保険」と呼ぶ場合があります。しかし、「家財保険」という保険商品があるわけではありません。住宅用の火災保険の補償対象は「建物」と「家財」に分かれています。つまり、家財保険は火災保険の一種なのです。

家財とは、建物の中にある家具や家電などの動産のことをいいます。住宅用火災保険では建物のみを補償対象にすることも、家財のみを対象にすることも、両方を対象にすることもできます。

家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!


建物と家財の具体的な補償対象は?

建物と家財の具体的な補償対象は?


「建物」は家屋などの建物本体と付属する物置、車庫、塀などの動かせないものが該当します。「家財」は家具、家電、衣類、カーテンなどが対象になります。

ただし、建物と家財の区別は保険会社によって微妙なものもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.