くらし情報『投資信託の利回りは高い方がいい?《初心者向け》賢く運用するためのポイント解説』

2019年8月18日 20:00

投資信託の利回りは高い方がいい?《初心者向け》賢く運用するためのポイント解説

目次

・運用利率は高いほうが良い
・初心者が賢く運用するためのポイント解説
・利回りを上げる為に押さえておくモノサシ
・賢く運用する為に何をやるべきか?
・まとめ
投資信託の利回りは高い方がいい?《初心者向け》賢く運用するためのポイント解説


昨今ではNISAに始まり、iDeCo、つみたてNISAと投資信託を活用した商品が注目を集め、今では投資が身近なものになってきたと思います。今回は投資信託を運用する上で大事なポイントについて解説していきます。これから投資信託を始めたいとお考えの方、初心者の方は是非ご覧いただきたいと思います。

運用利率は高いほうが良い

運用利率は高いほうが良い


投資信託は運用商品です。株や債券で運用されます。特に憶えておいて欲しいキーワードは「利回り」という言葉です。

この利回りは一般的には年利を指しますが、1年間の間にどれだけ増やせたかを示す言葉です。つまり言い換えると運用利率とも言えますが、低いか高いかで言えば高い方が結果沢山増やせているという事になります。

ファンドによっては株式への投資が中心だったり、逆に債券中心だったりと様々です。増えるという事はその分リターン(収益)が大きくなるという事です。積立の金額、要した時間が同じであればリターンの差は気になりますよね。利回りの高いファンド選定をしたいものです。しかし裏に潜むリスクも合せて知っておく必要はありますのでご注意下さい。

利回りの計算方法
先程利回りという言葉を紹介しましたが、どのような計算式になっているのかを解説します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.