くらし情報『年収300万円の割合・手取り額をFPが解説!子供がいる家庭の生活レベルもご紹介』

2019年10月27日 14:00

年収300万円の割合・手取り額をFPが解説!子供がいる家庭の生活レベルもご紹介

目次

・データから見る年収300万円
・年収300万円の手取り額とは?
・世帯別・生活費の内訳
・結婚したらどうなる?
・子供にかかるお金
・年収300万円・貯金の目安
・年収300万円の割合・手取り・生活レベルに関するまとめ
年収300万円の割合・手取り額をFPが解説!子供がいる家庭の生活レベルもご紹介


https://manetasu.jp

今回の記事のテーマはズバリ「年収300万円」についてです。年収300万円とは、非常に身近に感じる数字ではないでしょうか。なぜなら、日本のサラリーマンの内半数近くの方が年収300万円〜400万円という国税庁のデータがあります。

年収300万円についてもっと身近に理解していただけるよう、あらゆる角度から掘り下げていきます。どうぞご参考になさってください。

データから見る年収300万円

データから見る年収300万円


厚生労働省「各種世帯の所得等の状況」の結果によると、一世帯当たりの平均所得は約560万円、高齢者世帯で318万円、子どものいる世帯で約740万円ということです。以下の数値は全て同調査結果を根拠として筆者がまとめたものです。

平均所得以下は6割にのぼる
平均所得は560万円ということですが、実際にはその所得以下の世帯が全体の6割超であることも数字で確認できます。その6割の内訳でもっとも多いのが、今回のテーマである300万円〜400万円世帯の方です。

【補足】生活意識の状況
これは年収300万円の方だけではなく全世帯の方への生活意識の調査結果ですが、現在の生活を「苦しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.