くらし情報『個人事業主は社会保険に加入できる?種類&適用条件をFPがわかりやすく解説!』

2019年11月13日 14:00

個人事業主は社会保険に加入できる?種類&適用条件をFPがわかりやすく解説!

目次

・そもそも、個人事業主とは
・個人事業主でも、社会保険に加入?
・各社会保険が適用される条件
・個人事業主自身が、社会保険に加入する方法
・個人事業主の社会保険に関するまとめ
個人事業主は社会保険に加入できる?種類&適用条件をFPがわかりやすく解説!


https://manetasu.jp

自分で事業を立ち上げる場合、健康保険、労災保険などの社会保険はどうなるのしょうか。事業の代表者として、社会保険にを放ったらかしにしておくと「知らないうちに法律違反をしていた」「思っていたよりたくさんの保険料がかかってしまった」ということになりかねません。

今回は、個人事業主の社会保険について解説します。

そもそも、個人事業主とは

そもそも、個人事業主とは


自分がリーダーになって事業を始めるには、大きく2つの選択肢があります。

  • 法人を立ち上げて、その代表者になる
  • 個人事業主になる
法人…株式会社、合同会社など
法人を立ち上げるには、必要な書類を揃え、法務局で申請をするなどの手順があります。社長1人しかいなくても会社は作れますし、合同会社の場合、5万円もあれば設立登記も可能です。

株式会社の代表に就任すれば「代表取締役」、合同会社であれば「代表社員」を定めて経営者になります。

個人事業主…個人名や、屋号で活動
会社を立ち上げずに、個人で継続して事業を行う場合は「個人事業主」です。1人で事業を行う場合に限らず、従業員を雇って事業を行う場合もあります。”オフィス〇〇”、”〇〇商店”など屋号を付けることもできます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.