くらし情報『初心者でもわかる!外貨預金のメリット5つ&仕組みを金融の専門家が徹底解説』

2020年1月22日 14:00

初心者でもわかる!外貨預金のメリット5つ&仕組みを金融の専門家が徹底解説

目次

・外貨預金の仕組み
・外貨預金も普通預金と定期預金がある
・外貨預金のメリット
・膨らむ外貨預金
・外貨預金は初心者でもできる?
・外貨預金のメリットに関するまとめ
初心者でもわかる!外貨預金のメリット5つ&仕組みを金融の専門家が徹底解説


https://manetasu.jp

個人の外貨預金の人気が高まっています。2019年の外貨預金の残高は7兆円を超え、過去最高水準を更新しました。国内の預金は低金利が続いているので、外貨預金に関心がある人も増えているのです。

今回は、外貨預金の5つのメリットについて解説します。

外貨預金の仕組み

外貨預金の仕組み


外貨預金とは、その名の通り「外国通貨建ての預金」。日本の銀行に日本円を預けている人は多いでしょうが、外貨(海外の通貨)を銀行に預けるのが「外貨預金」になります。

外貨建ての金融資産には、外国株式や外国投資信託などもありますが、外貨建て金融資産の経験や知識の浅い初心者でも始めやすいのが外貨預金です。日頃使っている銀行で始められることや、商品の仕組みがわかりやすいからです。

銀行によって扱う通貨は異なりますが、以下のようなさまざまな通貨の外貨預金があります。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 豪ドル
  • 英ポンド
  • スイスフラン
  • ブラジルレアル
  • アフリカランド
外貨預金の基本的な仕組みは円預金と同じですし、いつも利用している国内の銀行で始めることができるというメリットがあります。

また、預金なので預けたお金(元本)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.