くらし情報『初心者のための《外貨預金》講座!仕組み&メリット・デメリットを金融の専門家が徹底解説』

2020年2月5日 20:00

初心者のための《外貨預金》講座!仕組み&メリット・デメリットを金融の専門家が徹底解説

目次

・外貨預金の仕組み
・外貨預金のメリット
・外貨預金のリスクとデメリット
・初心者向け・外貨預金の仕組みに関するまとめ
初心者のための《外貨預金》講座!仕組み&メリット・デメリットを金融の専門家が徹底解説


https://manetasu.jp

低金利が続いているので、国内の銀行に預けてもお金はほとんど増えません。そこで注目されているのが「外貨預金」。今回は、投資初心者でもわかりやすいように外貨預金の仕組みやメリット・デメリットについて解説します。

外貨預金の仕組み

外貨預金の仕組み


外貨預金とは日本円ではなく、外国の通貨で預金をすることです。かつては、日本でも預金金利が5%を超える時代もありました。100万円を5%の金利で1年間預ければ、5万円の利息がもらえたのです(税引前)。

しかし、現在の大手銀行の定期預金(1年)は0.01%。100万円を1年間預けても、利息は100円しかつきません。ATMでお金を引き出したら、1年分の利息が吹き飛んでしまうのです。

しかし、海外には金利の高い通貨があります。そうした通貨にお金を預ければ、国内よりも多くの利息が期待できるのです。

それでは、各国の政策金利を見てみましょう(2019年12月時点)。政策金利とは、各国の中央銀行(日本では日本銀行)が設定する短期金利のことで、金融機関の預金金利や貸出金利などに影響を与えます。

  • 日本:-0.1%
  • 米国:1.75%
  • 欧州:0.0%
  • 英国:0.75%
  • 豪州:0.75%
  • 南アフリカ:6.5%
  • メキシコ:7.25%
このように、世界には日本よりも金利の高い国があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.