くらし情報『遺族年金は子供ももらえる?親が死亡した場合の受給資格・受給期間をFPが解説』

2020年3月19日 14:00

遺族年金は子供ももらえる?親が死亡した場合の受給資格・受給期間をFPが解説

目次

・子供の受給資格(年齢・所得)
・親の条件
・配偶者のない親の場合(遺族が子供のみ)
・もらえる期間
・子供がもらえる遺族年金・まとめ
遺族年金は子供ももらえる?親が死亡した場合の受給資格・受給期間をFPが解説


https://manetasu.jp

年金というワードを聞くと、どうしても退職後のシニア層がもらう【老齢年金】のイメージがありますよね。

実際は「年金」と一口に言っても3種類あります。【老齢年金】の他に【障害年金】【遺族年金】です。あとの2つは、特にシニアにならなくても条件に当てはまればもらい始めることになります。

この3種類について、それぞれ【基礎年金】【厚生年金】がありますから、細かく言うと全6種類の年金があります。今回のテーマは、親御様が逝去され、お子様が遺族になった場合どうなるか?という内容です。お子様をお持ちの全ての方、必見です。

子供の受給資格(年齢・所得)

子供の受給資格(年齢・所得)


もらう年金が【国民年金(基礎年金)】または【厚生年金】のいずれであっても、子供が年金をもらうための受給資格(前提条件)は共通です。主に年齢制限、所得の制限があります。それぞれ分けて見ていきましょう。

年齢要件
親からすると、子供はいくつになっても子供ですよね。それは間違いないのですが【遺族年金】の制度上での子供とは、18歳に到達した年度末まで、とされています。簡単な覚え方として、高校卒業相当の年齢だと覚えればよいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.