くらし情報『退職金にも税金はかかる?計算方法・受け取り時の注意点をFPが解説!』

2020年6月18日 20:00

退職金にも税金はかかる?計算方法・受け取り時の注意点をFPが解説!

目次

・退職金は税制上、税金の課税対象になる収入!
・退職金の税金計算の方法は少し特殊!
・退職金を「年金形式」で受け取ると損になりがち
・退職金を受け取る前に特別な申告書を提出しよう
・死亡時に遺族が受け取る退職金は非課税?
・退職金だけでは「老後資金2000万円問題」を対処できない
・税金計算も大切だが、退職金の増額や別の対処法も考えよう
退職金にも税金はかかる?計算方法・受け取り時の注意点をFPが解説!


https://manetasu.jp

こんにちは、婚活FP山本です。退職金といえば、サラリーマンにとっては数少ない大金を得られる機会といえます。しかしだからこそ、退職金にも税金がかかるのかどうかが気になる方も実に多いです。

「退職金があるから老後も大丈夫」と考えている方も多いですから、ぜひ事前に実際のところを知っておきましょう。そこで今回は、退職金と税金の関係や計算方法、受け取り時の注意点についてお伝えします。あなたの人生に、お役立てくださいませ。

退職金は税制上、税金の課税対象になる収入!

退職金は税制上、税金の課税対象になる収入!


まずは早速、退職金と税金の関係についてお伝えします。結論からいえば、残念ながら退職金も税制上、税金の課税対象になる収入です。税金がかかると知るだけで残念に思う方も多いかもしれませんが、そういうルールですから、しっかり税金が必要なら納めましょう。

ただ、退職金というのは国から見ても「長年の勤労に対する報償的給与」と捉えているため、多額の税金を課すのは不適当とみなしています。だからこそ、多額の税金がかからないように複数の対策が講じられているのが実情です。

とはいえ、税金が発生するのは変わりません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.