くらし情報『医療費に消費税はかかる?課税対象の治療費・健康保険との関係をFPが徹底解説』

2020年6月26日 14:00

医療費に消費税はかかる?課税対象の治療費・健康保険との関係をFPが徹底解説

という点は間違いではありません。まずこれはこれで、覚えておきましょう。

薬や設備の仕入れには消費税がかかるという現実
そもそも、消費税とは「最終消費者」が負担するものです。一方、病院が治療のために仕入れる薬や設備などは、病院が消費税を支払って仕入れています。しかし、医療は非課税取引です。とすると、薬や設備の消費税は「病院が」負担しなければならないのでしょうか。

これが、医療費と消費税の少しおかしな関係性です。そしてこのため、実際の医療費については「独特の見解」で対応しているのが実情になっています。

なぜか「消費税はかからないが実質的にかかる」という不思議な関係

なぜか「消費税はかからないが実質的にかかる」という不思議な関係


実際の医療費と消費税の関係性について、さらに詳しくお伝えします。結論からいえば、「医療費は非課税取引だが実質的に消費税がかかる」といった感じです。具体的にいえば、医療費に「消費税」はかからないものの、本体の医療費に消費税分が含まれているといった感じになっています。

そしてこのため、消費税が増税されるたびに本体の医療費が値上げされているのが実情です。これは、「医療費は非課税取引」としていることと「消費税の性格」を合わせたことによる結果かもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.