くらし情報『医療費に消費税はかかる?課税対象の治療費・健康保険との関係をFPが徹底解説』

2020年6月26日 14:00

医療費に消費税はかかる?課税対象の治療費・健康保険との関係をFPが徹底解説

消費者としては困惑するでしょうが、病院経営もビジネスです。

実際に厚生労働省でも、このような見解を掲載しています。この、なぜか「医療費に消費税はかからないが実質的にかかる」という不思議な関係を、しっかり知っておきましょう。

日本での治療費や初診料は増税で引き上げられた
実際、令和元年10月に消費税が10%に引き上げられましたが、それにともなって日本での治療費や初診料は増税で少し引き上げられています。外来なら10~40円程度ですが、入院となると100~180円程度上がったのが実情です。少し厳しい現実かもしれません……。

とはいえ、もはや消費税は「かかるほうが一般的」とさえいえます。分かりやすい〇%表示はないものの「医療費にも消費税は必要」と考えておき、増税されても対応できるように努めていきましょう。

「自由診察」は消費税率アップでそのまま負担増に

「自由診察」は消費税率アップでそのまま負担増に


今度は、医療費の中でも自由診察についてお伝えします。元々が保険適用外の自由診察については、普通に消費税が必要です。ちなみに代表的な自由診察には、以下のようなものが当てはまります。

  • 美容整形や歯列矯正
  • 自然分娩や避妊手術・人工妊娠中絶
  • 人間ドック
そしてこれらは、一般的に費用が高額なことが多いため、どうしても消費税が増税されると影響も大きくなりがちです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.