くらし情報『ボーナスの平均額はいくら?年齢・業界別の支給額&計算方法をFPが解説!』

2020年7月24日 14:00

ボーナスの平均額はいくら?年齢・業界別の支給額&計算方法をFPが解説!

夏のボーナスが減ったと回答した人の割合が多い業種別ランキングは、次のようになっています。

ボーナスの平均額はいくら?年齢・業界別の支給額&計算方法をFPが解説!


アンケート結果によると、製造業では4割以上の人のボーナスが減っています。また、生活関連サービス業や飲食サービス業など元々ボーナスの支給額が低い業界でも、支給額が減っています。

公務員のボーナスの平均額
公務員のボーナスは期末手当・勤勉手当と呼ばれます。期末手当・勤勉手当は法律や条例にもとづき、6月と12月の2回支給されることになっています。

国家公務員のボーナスは、人事院が調査した民間企業のボーナスの支給状況を基礎として、毎年支給月数が法律で定められます。一方、地方公務員のボーナスは、国家公務員に準拠して、各自治体の条例で定められています。

内閣人事局の報道発表資料「令和2年6月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」によると、2020年(令和2年)6月期の一般職国家公務員(管理職を除く行政職職員)の平均支給額は、約68万0,100円となっています。

賞与の計算方法は?ボーナスが下がることもある?

賞与の計算方法は?ボーナスが下がることもある?


ボーナスは正式には賞与と呼ばれるのが一般的です。賞与にはどんな意味があるのか、どのようにして計算されるのかを知っておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.