くらし情報『【最新】日本人の年収別の割合分布を徹底調査!統計データからわかる収入事情とは?』

2020年8月4日 14:00

【最新】日本人の年収別の割合分布を徹底調査!統計データからわかる収入事情とは?

目次

・日本全体の分布:男性は400万円台、女性は100万円台が最多
・平均年収が高い業種ほど「高額所得者」が多い?
・【年齢別】30代の年収分布は300万円台が最多!
・【年齢別】40代の年収分布は300万円台と400万円台が接戦
・【貯金額別】年収1000万円世帯でも1割は「貯金がない」
・【貯金額別】年収が低いほど貯金額も低い、その一方で……
・「年収が低い、待遇が悪い」なら転職すべきか?
・よい勤め先がないときこそ「起業」を視野に入れよう
・最近の日本は年収が低い人の割合が大きい!
【最新】日本人の年収別の割合分布を徹底調査!統計データからわかる収入事情とは?


https://manetasu.jp

こんにちは、婚活FP山本です。現在の日本全体の平均年収は441万円とされています。これはこれで一つの正しい数字なのですが、社会には男性もいれば女性もいますし、若年者から高齢者もおり、さらに最近では正規・非正規の別もありますから、本当にさまざまです。

ぜひさまざまな角度で年収を知り、活かしていきましょう。そこで今回は、さまざまな日本人の年収別の割合分布についてたっぷりとお伝えします。あなたの人生に、お役立てくださいませ。

日本全体の分布:男性は400万円台、女性は100万円台が最多

日本全体の分布:男性は400万円台、女性は100万円台が最多


まずは早速、日本全体の年収分布についてお伝えします。国税庁の平成30年「民間給与実態統計調査」によると、平成30年の男女別の年収分布は以下のとおりです。

【最新】日本人の年収別の割合分布を徹底調査!統計データからわかる収入事情とは?


日本全体の年収分布では、男性は400万円台、女性は100万円台が最多となっています。そして男性なら年収600万円以下が約7割、女性なら年収300万円以下が約6割、年収400万円以下で約8割を占めているのが実情です。まずは、このような大局観を知っておきましょう。

最近の給与所得者は男性でも正規・非正規で全然違う
この調査によると、正規・非正規別の平均給与は以下のようになっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.