くらし情報『「子供がいます。でも、私も夫も自分の人生を大事にしている」 –妻が語る、夫婦の向き合いかた– 』

2016年11月29日 18:06

「子供がいます。でも、私も夫も自分の人生を大事にしている」 –妻が語る、夫婦の向き合いかた– 

パートナーとの向き合いかたをお伝えするシリーズの最終回。今回、取材を受けてくださったのは、女性のライフ・子育て支援事業を行う企業の経営者、城梨沙さんです。

城さんご夫妻には2歳のお嬢様がひとり。家事は旦那様のほうがたくさんこなしているそうですが、それぞれが自分の実現したいことをきちんと大切にしています。そんなお二人は、お互いにどう向き合っているのでしょうか。

目次

・良い意味で予想がつかない相手との絆
・感情的になりやすいから工夫しています
・オーストラリア人のライフスタイルを目指して
・うまくいく夫婦の条件


「子供がいます。でも、私も夫も自分の人生を大事にしている」  - 妻が語る、夫婦の向き合いかた – 


城 梨沙さん

<職業>

株式会社エスキャリア・ライフエージェンシー代表取締役

<勤務曜日と帰宅時間>

平日は毎日19:00頃に帰宅

<旦那様の職業>

出勤にフレキシブルな仕事に従事

<家族構成>

夫、子供1人(女2歳)

※2009年に結婚

良い意味で予想がつかない相手との絆

-学生時代のアルバイト先で知り合った男性と結婚されたんですよね。

独身時代、旦那様のどんなところを良いなって思いましたか?

城さん(※以下、敬称略):

自分と全然違う分野にいるところですね。職業的にも先が見えない面白さがあって。これから仕事を通して彼がどうなっていくのか、そして、彼が関わっている世界がどうなっていくのか、横で見ていてなんか面白そうだなって思ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.