くらし情報『【開催中】キュートな色彩が織りなすサヴィニャックによるポスターの作品世界を堪能!【MiLuLu】』

【開催中】キュートな色彩が織りなすサヴィニャックによるポスターの作品世界を堪能!【MiLuLu】

2018年3月26日 23:00
 

 心踊るポスターの世界
【開催中】キュートな色彩が織りなすサヴィニャックによるポスターの作品世界を堪能!【MiLuLu】


大企業が売り出す食品、嗜好品、生活必需品、また運送業やメディア、その他キャンペーンなど幅広いジャンルを手掛けているサヴィニャックのポスターは、フランス本国だけでなく、日本にも数多くのファンを持ち、ハッキリとしたインパクトある色彩と、ユーモアなデッサンが魅力的である。

そんな人気が高いサヴィニャックのポスターが楽しめる、練馬区独立70周年記念展「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」では、日本初公開の作品を含む数々のポスター、制作過程が垣間見えるスケッチや原画、街中に貼られた様子が分かる写真など約200点を展示している。

サヴィニャックの作品制作を年代順ではなく、モチーフやテーマごとに分類し、サヴィニャックの作品世界はもちろん、デザイン・広告の使命についても深く考える機会になることだろう。

遅咲きのサヴィニャック
【開催中】キュートな色彩が織りなすサヴィニャックによるポスターの作品世界を堪能!【MiLuLu】


フランスを代表するポスター作家である、レイモン・サヴィニャック(1907-2002)。

幼少期は両親の経営するレストランで労働者たちの会話に耳を傾け、少年時代は熱狂した自転車レーサーになるという夢を抱き、3度の兵役で自分自身を見つめる機会を設けるなど、ポスター制作には直結しない経験が、サヴィニャックの人物像を形成していった。

若いころからポスター作家を目指していなかったサヴィニャックは、17歳で広告アニメーション映画工房に就職し、ポスターを複製する仕事を担うことで初めて広告の世界に触れた。

その後、26歳でアドルフ・ジャン=マリー・ムーロン・カッサンドル(1901-68)と出会い、彼のアシスタントとして仕事を手伝い、彼の作品から影響を受けながら、多くのことを学んでいったそう。

彼の考えに賛同しながらも、ユーモアとエスプリ、手書きの特性を生かしたあたたかさ、明快で凝縮されたデッサンの中に一つのアイディアを表現するという独自の方向性を見出していく。

そして42歳の頃に、同業者兼友人でもあるベルナール・ヴィルモと開催した二人展により、自身のポスター作家としてのキャリアが一気に花開いた。

写真はサヴィニャックが使用していたスケッチブックや絵具などの仕事道具。 

10項目によるモチーフ
【開催中】キュートな色彩が織りなすサヴィニャックによるポスターの作品世界を堪能!【MiLuLu】


本展覧会では、サヴィニャックによるポスターの作品世界を深く理解をするため、時系列ではなくモチーフごとに紹介している。彼は動物や人間など生命のあるモチーフを好んで採用し、建築物やボールペンなど生命のない物にまで命や動きを与えている。

例えば、両手を大きく広げていたり、指で商品などをさすポーズ、左を向いて何かを食べるなど、様々な動作を取り入れることにより、見る者に親近感を持たせているた。サヴィニャックのモチーフから、宣伝意図をアピールするという重要な役割を課され、選び方や扱い方に一種のパターンが感じられることだろう。

10項目にも及ぶモチーフは、ポスターに頻繁に登場し、大切なテーマである。

そして、サヴィニャックはカッサンドルの影響下から脱し、それまではポスターの主役になることはなかった、“ユーモア”を表現の主力に捉えた画風を確立していった。この方法こそが、最も広告主の要望を伝えるに相応しいと熟知していたのだ。

心を捉えてきた数々のポスター
【開催中】キュートな色彩が織りなすサヴィニャックによるポスターの作品世界を堪能!【MiLuLu】


写真(左)は、ファッションブランド『COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)』の目付きのハートマークに似ていていて親近感を覚える、本展覧会のメインビジュアルに選ばれている『ひとりで編める ウット毛糸』。

サヴィニャックは、宣伝したい商品や伝えたい情報の本質を捉えたモチーフを選び、そこに“ユーモア”というエッセンスを加えて大胆に単純化するというプロセスを踏んだ上で、瞬時に人々の脳裏に焼き付くイメージを作り上げているのが分かる。

それはシリアスなメッセージを伝える場合でも、ネガティブに寄り過ぎることなく、印象的にメッセージを伝達する場合に上手く機能してると言えるだろう。彼のポスターは計算されたシンプルさと、明快な表現によって、世界中の道行く人々の心を捉えてきた。

会期中には展覧会に合わせて、講演会、ギャラリートーク、ワークショップが開催されるだけでなく、練馬区立石神井公園ふるさと文化館で開催されている練馬区独立70周年記念展特別展「生誕90年記念藤沢周平展」との相互割引もある。是非世界中の道行く人々の心を捉え、サヴィニャックの心踊るポスターから、その魅力を感じてみてはいかがだろうか。

※館内は写真撮影禁止

【情報】

練馬区独立70周年記念展「サヴィニャックパリにかけたポスターの魔法」

会期:2018年2月22日(木)~4月15日(日)
会場:練馬区立美術館
休館日:月曜日
開館時間:10:00~18:00 (入館は17:30まで)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.