くらし情報『住宅ローン控除と住まい給付金、両方受けるにはどうすればいい?』

2018年10月13日 21:30

住宅ローン控除と住まい給付金、両方受けるにはどうすればいい?

住宅ローン控除の歴史は、1972年に導入された住宅取得控除までさかのぼります。

一方の住まい給付金は、平成26年から始まった新しい制度です。どちらも住宅購入者には嬉しい制度です。

これらの制度を最大限に活用するために、制度の内容をおさらいしましょう。

■ 住まい給付金と住宅ローン控除の違い
住宅ローン

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

住宅ローン減税は、控除金額を所得税から差し引く制度です。

控除金額は、ローン残高をもとに計算するため、融資金額が少ない収入が低い人は、収入が多い人に対し、節税効果が少なくなります。

2019年に消費税率の引き上げが予定されています。

それにより、同じ住宅なのに、購入金額は消費税率上昇分だけ高くなり、低収入の人にとっては、金銭的負担が増えます。

負担軽減させるためにできたのが、住まい給付金です。

目的が違う2つの税制優遇制度は、条件さえ満たせば、同時に受けることができるのです。

■ 住宅ローン控除とは?
マイホーム

ABC / PIXTA(ピクスタ)

住宅ローン控除は、年末のローン残高の1%を所得税から控除する制度です。

10年間継続して控除を受けることができるため、節税効果も大きくなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.