くらし情報『住宅ローン審査に引っかかりがちなケース3つ【ハウスメーカーに5年勤めて分かった!】』

2018年12月6日 21:30

住宅ローン審査に引っかかりがちなケース3つ【ハウスメーカーに5年勤めて分かった!】

家を購入する、もしくは建てる場合はほとんどの方が住宅ローンを利用されるのではないでしょうか。

金利が低い今、ローンを利用するのは当たり前になってきています。

ただ、全員が全員、住宅ローンをスムーズに借りられるのかといえば、それはNOです。

実は住宅ローンの審査に引っかかってしまう人は意外に多いのです。

借りられるだけの年収は十分にあるし、普通に働いているのに、なぜ?と思う方も多いのではないでしょうか。

そのことを事前に知らず、そしてそれがローンの審査に引っかかるものだと思っていないため、ハウスメーカーや不動産会社の営業マンに伝えない方がたくさんいます。

それ故に、ローンの審査に引っかかってしまい、家づくりの計画が狂ってしまうことも多いのです。

今回はそうならないためにも、「ローンを借りる前に確認しておきたいこと」を3つご紹介します。
1.「車のローン」を抱えていませんか?
まず、車のローンを抱えている方が審査に引っかかるケースが多くあります。
自動車

pixelcat / PIXTA(ピクスタ)

最初に車のローンを抱えている方のケースをご紹介します。

世帯年収が700万円であれば5,000万円くらいのローンは組めそうだと思い、それに合わせた家探しをするとします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.