くらし情報『賃貸や補助金も!「ZEH住宅」の知っておきたいメリット・デメリット』

2018年12月10日 21:30

賃貸や補助金も!「ZEH住宅」の知っておきたいメリット・デメリット

政府は「エネルギー基本計画」において、「住宅について、2020年までに、標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と2014年4月、閣議決定しました。

「ZEH住宅」とはどんなものなのでしょうか。

■ 「ZEH住宅」とはどんな家?

経済産業省・資源エネルギー庁によれば、ZEH住宅とは「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅のことを指します。
ZEH住宅

pixelcat / PIXTA(ピクスタ)
1. ZEH住宅を満たす条件
「快適な室内環境でありつつ、年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」とは、具体的に以下の3つを指します。
  • 高断熱で、エネルギーを極力必要としない
  • 高性能設備でエネルギーを上手に使う
  • エネルギーを創り出す
  • 3つの要素を組み合わせ、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にするのがZEH住宅。

    つまり「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点を備えた住宅です。

    クリーンなエネルギーを効率的に生活に活かすことができます。
    断熱住宅

    Photonn / PIXTA(ピクスタ)

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.