くらし情報『施主支給とDIYを駆使、デザインもコストも納得のリノベ【リライフプラス】』

2019年1月10日 11:50

施主支給とDIYを駆使、デザインもコストも納得のリノベ【リライフプラス】

また、洗面台の移動により置き場がなくなった洗濯機は、キッチンへ。

台所仕事をしながら洗濯がこなせて便利で「ベランダに近いので、干すのもラクチン」とのこと。

洗濯機左手のドアの先はサニタリースペースです。

インダストリアルなダイニング


ダイニングは躯体や配管を現しにし、インダストリアルな雰囲気に。家電棚はダルトンのガレージ用。

テーブルは集成材にオイルステインを塗り、アイアンの足を付けたオリジナルです。

ラフでカッコいい空間に、男前テイストの家具がよく似合っています。


■ LDKの一角を書斎や収納に有効活用

ブックシェルフでゾーニング


明るいベランダ側には、ブックシェルフで間仕切りした書斎を設けました。

小さな空間ですが、書類の整理やパソコン作業など、ひとりの時間を確保できる貴重なスペース。

シェルフは木製で、フレームをツヤ消しの黒で塗装してアイアン風に仕上げています。

DIY塗装の壁


リビングの一角には、シェルフを組み合わせたショップのストックヤード風の収納スペースが。

天井の撤去で現れた天井吊り用の穴にボルトを差し込んで板を渡し、ハンガーバーをDIYしています。

また、壁はトイレと洗面所以外、5日かけて自分たちで塗装。家具の多くもカスタマイズして、好みのテイストに仕上げています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.