くらし情報『施主支給とDIYを駆使、デザインもコストも納得のリノベ【リライフプラス】』

2019年1月10日 11:50

施主支給とDIYを駆使、デザインもコストも納得のリノベ【リライフプラス】

親族が所有していた、環境、アクセスともに良好な築30年のマンションをリノベーションして住むことにしたOさん夫妻。

リノベーションを依頼したのは、エム・デザイン。

「工事費を安くするのではなく、適正価格で提供したい」という、代表の藤原真紀子さんの考え方に共感したそう。

設備の施主支給やDIYも取り入れ、工事費630万円(税・設計料込み)でラフでカッコいい住空間を手に入れました。

■ 男前でインダストリアルなLDK

ネイビーの建具


もともとは地下で薄暗かったという室内。

ベランダ側の2室を撤去し、奥のキッチンまで光を取り入れることで明るいLDKに一新しました。

床は小学校の床をイメージし、ダメージ加工を施したオーク材を使用しています。

ダメージ加工のフローリング


また、LDKにはやや目立つ梁がありますが、モルタルでの補修と黒い塗装をすることで、インテリアにスッと溶け込むアクセントに。

壁はモスグリーン、建具はネイビーで統一しています。

キッチンに洗濯機


壁付けだったキッチンは、コンロだけを切り離して2列配置に。「横移動より、振り向いた方が効率的」と妻。

LDKのラフな空間に馴染むよう、システムキッチン側面の化粧板をはがし黒く塗装しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.