くらし情報『「透明テーブルマット」のおかげで10年経っても無傷。賢く選ぶポイント3つ』

2019年2月15日 21:30

「透明テーブルマット」のおかげで10年経っても無傷。賢く選ぶポイント3つ

「透明テーブルマット」って、みなさんのお宅では使っていますか?

ダイニングテーブルの傷を防止したいけど、テーブルクロスを敷くのはちょっと……、という方にオススメなのが、天板のデザインをそのまま生かせる「透明テーブルマット」です。

10年間使っても、ダイニングテーブルの天板のキズを「ゼロ」に抑えた、超優秀な透明テーブルマットの「魅力」と「選ぶポイント」をお伝えします。

■ 「透明テーブルマット」を手放せない!魅力5つ

ダイニングテーブルを新調するタイミングや、子どもの誕生をきっかけに、天板の傷が気になり出すって事ありませんか?

我が家では、ダイニングテーブルの購入をきっかけに「透明テーブルマット」を敷きました。

天板が気に入ってダイニングテーブルを選んだので「なるべくマットは敷きたくない!」のが本心ですが、あまりの使い勝手の良さに、今では「透明テーブルマット」が手放せないのです。
1. 10年間使い続けても「傷が付かない!」
無垢材のダイニングテーブルは、傷つきやすくて困ります。こちらは同じ素材の椅子の座面ですが、痛々しいほどに傷だらけ。

透明テーブルマット


座面はダイニングテーブルの下に隠すことができますが、天板はそうはいきません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.