くらし情報『羽毛ふとんを80年以上使うための洗浄とリフォームとは?キャリア25年のプロに聞きました』

2019年4月9日 21:30

羽毛ふとんを80年以上使うための洗浄とリフォームとは?キャリア25年のプロに聞きました

ウォッシュの場合は、解体して中身の羽毛ふとんを取り出しますので、古い側生地は廃棄処分となり、新しい側生地に充填されます。

このプロセスを行なっている工場にもよりますが、新しい側生地を選べる場合もあります。綿100%の生地または化繊(通常TCまたはTTCと呼ばれる生地)の選択になりますが、綿は値段は高めとなり、少しおふとん全体が重たくなりますが、綿ならではの通気性など、優れた点も多くあります。

プレミアム(ロイヤル)ウォッシュッシュをかける前に、側生地の質と色柄を確認することをお薦めします。

白い生地を希望される方は、ベージュやクリームなど、薄くても色が付いていないか、かならず確認してください。

(クリームやベージュでも、ふとんカバーを通して地色が透けて見えてしまう場合があります)
集めた羽毛を洗濯機にバキュームダクトを使って移動させます

集めた羽毛を洗濯機にバキュームダクトを使って移動させます
個別洗濯機。他の人の羽毛と混ざることはありません

個別洗濯機。他の人の羽毛と混ざることはありません
芯まで洗いあがった羽毛

芯まで洗いあがった羽毛
洗い上がった羽毛をバキュームダクトで乾燥機へ送ります

洗い上がった羽毛をバキュームダクトで乾燥機へ送ります

これ以降の、詳しいプロセスについては、ぜひこちらのサイトをご覧ください。

■ 羽毛ふとんの「リフォーム」とは

次に、打ち直しと仕立て直しについてご説明します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.