くらし情報『“あえての段差”で空間を分けるワンルームリノベ【リライフプラス】』

2019年4月4日 11:50

“あえての段差”で空間を分けるワンルームリノベ【リライフプラス】

その下には普段使わないものをたくさん収納できます。

隣接する書斎兼収納室と場を分けている壁には、マリメッコの壁紙を貼ったニッチを設けて軽快な印象に。

“あえての段差”で空間を分けるワンルームリノベ【リライフプラス】


「フローリングの床から直接窓があるより、ワンクッション置いた関係性が欲しかった」という夫の希望で、窓側には縁側を設けました。

床の高さを一段下げ、モルタル仕上げにしたことで、内でも外でもない中間領域が誕生。

普段は自転車を置いたり、洗濯物を干したり、ときには段差に腰かけてのんびりしたりしているそう。

ダイニング側の一部に設けたブラックのフレームのガラス入りパーティションが空間のアクセントに。

“あえての段差”で空間を分けるワンルームリノベ【リライフプラス】


大和家では、空間を引き締めるための”差し色”を黒に決め、窓枠や家具などにも多用しています。そのため、キッチンのタイルも迷わずブラックに。

キリリとした男前のキッチンになりました。

また、もともとの間取りを活用して、キッチンと洗面はひと続きにすることで家事動線を確保。

キッチン奥からバルコニーへ出られる、勝手口のようなドアも使いやすいそう。

■ LDKを囲む、機能的で居心地のいいスペースたち

“あえての段差”で空間を分けるワンルームリノベ【リライフプラス】


テレビ台の後ろには造作のオープン棚をつくり、LDKとは空間を緩やかに仕切った「書斎兼収納室」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.