くらし情報『カーテンとブラインドはどっちがいいの?迷ったときは機能性とデザイン性で比較』

2019年5月10日 11:50

カーテンとブラインドはどっちがいいの?迷ったときは機能性とデザイン性で比較

■ カーテンとブラインドの大きな違いとは
ブラインド

北の魔女 / PIXTA(ピクスタ)

カーテンとブラインドの大きな違いは、

1.素材が柔らかいか硬いか
2.操作用の機構があるかないか

の2点です。

この違いが、扱いやすさや安全性の差を生んでいます。

日々の生活の中で使うものは、デザイン性はもちろんですが、扱いやすさや安全性も重視したいところ。

小さな子どもや介護が必要な方と生活する場合は、特に優先順位が高いポイントといえます。

これらを踏まえると、カーテンとブラインドは結局どちらが良いのでしょう?

■ カーテンとブラインドの機能を徹底比較!

扱いやすさという観点から「操作性」と「メンテナンス性」、また事故の危険性やプライバシー保護の観点から「安全性」に着目して比較してみます。
操作性
操作性
・カーテン
カーテン自体を引くことで左右に開閉。ブラインドのように、特別な機構がないため故障の心配もほぼなく、操作がシンプルです。

窓の幅が広いと左右に移動しながら開閉することになるので、動作が大きくなります。
・ブラインド
一般的に、コード(操作用のひも)でスラット(はね)の昇降を、ポール(操作棒)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.