くらし情報『相続の相談はお盆の帰省時に。話し合った方がいいケースとポイント』

2019年8月16日 21:30

相続の相談はお盆の帰省時に。話し合った方がいいケースとポイント

2-2生前贈与を検討した方がいい場合も
介護施設

Mills / PIXTA(ピクスタ)

親の老後の生活資金が確保できている、親が亡くなった後に子どもへの金銭的(現金)な相続をする準備ができている家庭なら、「生前贈与」を考えてもよいでしょう。

子どもが自分たちの住宅を購入する際に、親から子どもが住宅を購入する時点で親に生前贈与をしてもらっておくことで、住宅取得資金等の非課税制度や相続時精算課税など、優遇税制の対象になる場合もあるからです。

また、住宅購入資金の融資額やその利息分の削減ができるので、資金面で楽になります。■ 3.まとめ
そうめん

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

相続が発生する前に親に対してストレートに相続について相談すると、自分の子どもに「あなたはもうすぐ死ぬくらいの歳だ」と言われたようなものと感じ、不快に思われることもあると思います。

「もっと年をとったとき今の家に住み続けたいか」など、将来の意向を聞く、相続セミナーに誘ってみるなどの方法で、相続に関して注意を促しましょう。

帰省の機会が多い今の季節に、相続のことを話し合うチャンスづくりをしておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.