くらし情報『イギリスの「10代の妊娠率」が20年で半分になった驚きの理由』

2016年7月24日 22:21

イギリスの「10代の妊娠率」が20年で半分になった驚きの理由

目次

・政策のおかげで20歳以下の出産率が減少
・10代の妊娠は本人だけの問題だけでない
・性教育の徹底や避妊法の普及が大きく影響
shutterstock_427216564


みなさんは10代で妊娠し、子どもを育てていくことを想像できますか?

厚生労働省の発表によれば、2015年の日本の出生数は100万5,656人で、そのうち母親の年齢が19歳以下の出生数は11,927人でした。また第一子出生時の母親の平均年齢は、30.7歳となっています。

一方、世界に目を向けてみると、10代の妊娠率が高い国のひとつにイギリスがあります。しかし、そんなイギリスの10代の妊娠率は過去20年間で半分になり、1960年代後半に記録管理がはじまって以来の最低水準になったというのです。

これはなぜなのでしょうか?イギリスで10代の妊娠率が半減した理由についてご紹介しましょう。

■政策のおかげで20歳以下の出産率が減少

1998年、イギリスは西ヨーロッパで10代の妊娠率がいちばん高い国でした。

しかし2016年7月、イギリスの国家統計局は、15歳~19歳の女性の受胎率の低下を明らかにしたデータをリリースしました。それによると、1,000人当たり、14.5人がティーンによる出産となっています。

ベッドフォードシャー大学で10代の妊娠研究センター所長を務めるアリソン・ハドリーさんは「これは1999年に労働党政権が立ち上げた、長期的かつ大掛かりな戦略の結果です」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.