くらし情報『1対1で「ふわふわ言葉」はNG!しくじる人がやりがちな話し方』

1対1で「ふわふわ言葉」はNG!しくじる人がやりがちな話し方

目次

・1:話がぶつかる
・2:「ふわふわ言葉」を使う
・3:余計なことを言い過ぎる
・4:段取りのことばかり考えている
shikujiri


「うっかり口に出した言葉で周りが引いてしまった」「敬語を間違えて上司を怒らせてしまった」。

こんな経験は、誰にでも一度や二度はあるもの。しかし、大事な場面での失言やコミュニケーションの失敗が、取り返しのつかないことになってしまう場合もあります。

エン・ジャパン株式会社が「2016年に身につけたい能力」を調査したところ、20代以下の若者が身につけたいスキルの第1位は「対人能力(55%)」でした。

とくに、上司や目上の人とのコミュニケーションは気まずくなる場面が多いので、スキルを身につけてうまく仕事を進めたいですよね。

『会話のしくじり 失敗から学ぶ「後悔の会話学」』(梶原しげる著、SBクリエイティブ)では、会話に関する多くの著書を持つ著者が、あらゆる「会話のしくじり」を紹介し、どうしたら「しくじり」を回避できるのかを解説しています。

今回は本書のなかから、しくじる人の話し方を4つ取り上げました。

■1:話がぶつかる

Aさん「いま、海外でも日本食ブームですよね。
寿司屋ならハワイでは当たり前……」

Bさん「寿司ですか! 寿司ならどんなネタが好きですか?」

このような会話は完全にぶつかっています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.