くらし情報『更年期症状の種類は数百とも!病気との見分け方は?【医師監修】』

2021年9月17日 23:05

更年期症状の種類は数百とも!病気との見分け方は?【医師監修】

気になる体調不良があるならまず受診

更年期症状の種類は数百とも!病気との見分け方は?【医師監修】


女性ホルモンの分泌が少なくなることによる更年期症状は全身に及びますが、人によって症状が違うのはどうしてなのでしょうか。

「影響は全身に及んでいても、自分が一番気になるところが更年期症状として感じられるのです。

そして、大切なのは気になる不調があったらまずは病気を疑って受診すること。更年期症状と自己判断と決めつけているうちに、病気が進行してしまうこともあります。まずは病気を否定してから、更年期症状を疑うようにしましょう」(駒形先生)。

まとめ

いかがでしたか? いかに女性ホルモンが私たちの体を守ってくれていたか、失ってみてわかりましたね。これからは女性ホルモンに頼らず、自分で自分の体をしっかり守る必要がありそうです!

取材・文/mido(49歳)
ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

★ウーマンカレンダー更年期のお悩み記事

★関連記事:どうしてこんなにイライラする?原因は更年期だけではなかった【医師監修】
★関連記事:更年期の運動不足はマジやばい!不調の原因は筋力低下だった【医師監修】

著者/監修/駒形 依子 先生
東京女子医科大学医学部卒業。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.